アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)尾崎博士の人生振り返り(大学~大学院修士課程)

スポンサーリンク
  • 浪人したけど、学力は現役時代のほうが上でした

結局一浪して受かったのは公立大学で、現役時代でも余裕で受かる大学に進学しました。工学部としてはある程度有名私立も受かったのですが、中学高校と私立に行ってお金を親に使わせてしまったので、公立大学を選択しました。(少人数で、研究室に入ると生徒3人に講師・教授がつく案外恵まれている大学でした。友人も一芸に秀でた人間が多かったです)

  • テストは簡単に優をとれるけれど、内容は定着しない

と書いたものの、最初の数学の点数は30数点という低い得点でした。ただ、それでも良で、実は周りもそれほどできていませんでした。というよりも理系の大学に進んだことのある人はわかるかもしれませんが、最初のテストが、「とんでもない量の行列計算」だったのです。暗算をすごく不得意としている私にとっては、とんでもない量の行列の計算は試験時間がとてもじゃないけど少なかったです。もしかしたらADHDの影響で、計算のケアレスミスもしていたかもしれません。

ADHDは注意欠陥障害ですので、よく計算する行を1行間違えて計算し続けるなど起こしてしまいます。発達障害の診断であるWAIS-Ⅲ(大人用)で升目にあるものを埋めていくのですが、1マスずれた!! を連発してしまいました。

  • 出席を取らない授業は出ないで、ノートを借りて一夜漬けで「優」をとってしまう。

とにかく、出席日数で単位が左右されないものは、出席しませんでした、テニスを友達とずっとやってたりしていました。ノートをきっちりとっている友人にコピーさせてもらい、一夜漬けで「優」をとることもしばしばでした。

たまに発達障害の人=知能指数が高いという認識は当てはまりません。

ただ、私はアスペルガー症候群の特長である「パターン認識」の能力が高く、IQテストで図形が何個か出てきて、次に入る図形は? というIQテストではIQ120-140を記録します。(やはり問題によっては向き不向きあるので、誤差が出ます。あとIQテストをきっちりやると長くなるのですが、タバコが吸いたくなり途中でやめることが多いのですが、スマホで行う結構きちっとしたIQQテストでも途中でやめてもIQ120は下回りません。頭がいいというよりIQテストの図形で次にどんな図形が入るでしょうという、パターン認識能力が高いだけです。(MENSAの図形パズルという本を買いましたが、普通の人は★、★★、★★★と難易度の中で★1つは解けるみたいなのですが、私は★2つまでは瞬時で、★3つは5分考えて解けます。普通の人は★2つがやっと解ける感じでした。)

  • パターン認識能力でテストでインチキ

インチキというほどではないのですが、かなり高度な数学の授業で、意味がさっぱり分かりませんでした。しかし、教科書のどの問題も、講師が書いた板書も、一部分をよく見てみると、その一部分がどうなているかで、瞬時に正答となっていることに気が付きました。

もちろん、数式のある一部分で答えが決まるなら、数学者が見逃しているはずないのですが、教科書のすべての問題が、パターンに当てはまってしまったのです。

友人は全く授業に出ていませんでしたが、出席率で不可とならない授業だったので、友達に「俺に30分時間くれない? 絶対「優」とれるから」と30分足らずでパターンについて解説して、友人は「優」を取りました。

私はADHDもあるので、注意が行き届かない時がままあることなのですが、パターン認識能力で、数式の「変なところ」を見つけてしまい、インチキ解法で私もテスト開始5分で全問正解となりました。

  • タバコを吸うようになって、大学生でニコチン中毒に

私の時代の大学というものは廊下に20m置きぐらいに灰皿が置いてあって、もちろんたばこの自販機もありました。桐蔭学園はタバコ・酒を飲んでいるのが発覚すると1発退学という厳しい高校なので、手を出さないでいましたが、学校の中にタバコの自販機があるカルチャーショックで、タバコに興味を持ってしまいました。こだわる性格なので、国内・国外のタバコ100種類以上吸って、イギリスのロスマンズに行きつきましたが、入手性が悪く、似たような味がするピースライトを1日5箱吸っていました。もともと扁桃腺がすぐに腫れてしまう体質だったので、タバコを吸うとは思っていませんでしたが、いきなりヘビースモーカーになりました。お酒は好きなんですが、体質的にあっていなくて、すぐ頭痛や吐き気がするので、アルコール中毒にはなりませんでした。のちに社会人になってから薬物依存症になりました。といっても違法薬物ではなく、市販薬や処方薬です。

アスペルガー症候群の人は、いろいろ興味を持つ傾向にあります。ただ、冷めるのも早く、熱しやすく冷めやすいです。モノや行動に対するこだわりが非常に強く、自分の納得いくものでないと受けれることができない(妥協できない)傾向もあります。

そして厄介なのは「依存傾向」です。薬物依存・アルコール依存・ニコチン依存など、時に非常に危険な性質がある人が多いです。ただ、危険といっても自分の生命を危険にするということで、違法薬物で錯乱しない限り、人に危害は与えません。

私は、社会人になって、チャンピックス(禁煙補助の飲み薬)で2回ほど禁煙にチャレンジしましたが、最長で1か月しかやめられませんでした。

  • 大学3年前半までに必要単位数を超えたために、学校に行かなくなりました

学校に行かない代わり何をしていたかというと、パチンコです。朝9:00から打ちはじめ、23:00閉店まで、打ち続けていました。その時の月収は平均30万円でした。楽しんで遊戯しているわけではなく、ほぼ仕事というかパチプロ状態でした。何も面白くないのですが、シビアに分析して勝てる台と分かったら、同じ台をずっと打ち続けていました。

  • 学科5位以内の成績のため、大学院は面接のみで受かりました

学科5位以内の人は、面接のみで受かることがほぼ保証されていて(試験免除)もうちょっと遊んでいようという、邪な考えから大学院修士課程に進みました。

ただ、修士課程に進んでもこれといって勉強せず、修士論文1本書いて卒業できてしまいました。単位はまたもやノートのコピーをもらって一夜漬けでクリアしてしまいました。

頭がいいわけではなく、せっかくの高等教育で、まじめに勉強する機会を失っているわけですから、バカなのです。インターネット黎明期であったので、パソコンとインターネットについては興味があり、関係ないスキルが上達しました。

興味を持てないものは全くやりたがらない傾向がまた顕著になりました

  • 就職活動ってなに?

周りが就職活動をしている中、私はなんも考えていませんでした。バブルはとっくにはじけ、そこそこ就職氷河期だったのですが、そんな話に興味を持たなかったため、周りが一生懸命就職活動している中、6月まで何もしていませんでした。

今の会社の枠が1つ余ってるよというのだけ聞いたので、リクルータと会って、会社面接の運びになりました。このころ髪を2回ハードブリーチして白に近い金髪だったので、会う前に急いで染めましたw

  • 就職活動は現在勤めている1社のみでした

普通ならリクルートスーツで、企業研究をして、なんですが、まったく現在の会社のことを知らないで面接に行きました。しかも紺のスーツが嫌で、かすかに茶色のストライプが入った、スーツを着ていきました。まさか今務めている会社がコンピュータ事業をやっていることは面接のときはじめて知りました。完全にふざけていますw なんだか、適当に「なんでもできますよ」とか普通じゃ考えられないような発言をしたのですが、不思議なことに内定が決まりました。

今の会社の面接を受けた動機も不純で、家から歩いて行ける事業所に配属されるのが分かったからです。今は電車通勤となっちゃいましたが。

とにかく就職に興味がなかったです、働かないといけないとはわかっていましたが、就職活動というものは基本どういうものなのかわかっていませんでした。これはアスペルガー症候群とはあまり関係なく、興味以外のことで生活にかかわることのアンテナの狭さゆえの問題です。大学院もほとんど学校に行っていないので、周りの動向がさっぱりわからなかったのです。

大学の選択からしてまず間違えていました。受けたのは最も苦手とする、電子学科と機械学科でした。わからないことを勉強しにいかないでどうする! といった変なポリシー(人から言われるのが向上心が強いねと言われますが)で結局興味が持てないので、勉強をしませんでした。もしも大好きな化学の大学に行っていたら、人生180°変わっていたかもしれません。というか後悔しています。

いい遅れましたが「博士」というのはあだ名です。最終学歴は修士です。興味を持ったことへの知識量が半端ないぐらい豊富なのが、あだ名の所以です。歴史・地理・文学には全く興味がない代わりに、食文化・IT・科学・音楽・車・パソコン・薬品・雑学など歩くWikipediaともいわれています。ただ、学問としての知識ではなく、興味のある情報に貪欲で片っ端から頭に入れてしまう癖があります。

アスペルガー症候群の人は興味の持ったことに関して、調べ上げたり豊富な知識量を誇る方が多いです。ただ、学問として理解はしていない場合がほとんどです。

ただ、物事をよく知っているというのは長所であり、コミュニケーションに問題がありますが、人と趣味が一致すると、仲良くなれます。

オーディオ仲間が言っていた名言があるのですが”知識はできるだけ、蓄えることで、初対面の方と趣味で話が盛り上がり、人とのつながりができる”を聞いてなるほどと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク