アスペルガー症候群の感情表現について

スポンサーリンク

よくアスペルガー症候群の人は「冷たい」「感情表現が乏しい」「笑っていても目が笑っていない」「無表情」といわれることがあります。さらには「感情が無いのでは?」とも言われる場合があります。

学術的な解説は他のサイトに譲りますが、私が個人的に自己分析した記事を書きます。

スポンサーリンク

1.アスペルガーに感情は無い?

「アスペは感情が無い」と侮蔑していることが、Webの掲示板やSNSで散見されますが、もちろん感情はあります。喜怒哀楽ちゃんとあります。

私も怒り心頭になり怒鳴ったり、映画に感動して泣いたり、漫才を見て笑ったりします。
ではなぜ「感情が無い」とまで言われてしまうのか?

それは「極度に理性的」だからです。

例えば人が転んだとします。「大丈夫?」と声をかける方もいるかと思います。(後で記述があるので”方もいる”という表現にします)

その時私の頭の中で、以下のような思考が働きます。

人が転んだ

若い人だ

それほどひどい転び方はしていない

怪我はない

大丈夫だろう

大丈夫な人に「大丈夫?」と聞いても意味が無い

という風に、何でも「大丈夫」と声をかけることはしないです。

もっと極端な例を挙げましょう。それほど親しくない知人が亡くなった場合です。

人が死んだ

故人との思い出を思い出す

人はだれでも死ぬもの

悲しんでも生き返らない(*)

悲しまない

となります(*)で書いた箇所の思考がポイントで悲しんだところで、現状が変わるわけではないという「極度の理性」が働きます。というか、故人をよく知らない人が号泣しているのを見るとドン引きします。(アスペルガーでなくてもお葬式で近親者でもないのに号泣している人を見てドン引きしませんか? 本当に悲しいんですかね? 泣いた方がイイ人に見えると考えてわざと泣いているようにしか見えません)

なので「感情が無い」といわれてしまうのだと思います

2.感情の共感の問題

アスペルガー症候群の方は相手と感情を共有して「共感」することが苦手です。
これは「相手の気持ちが分からない」というアスペルガー症候群の特徴と同じです。

ですから、会話相手が笑い話で笑っていて、愛想笑いしても相手の笑っていることに共感できず目が笑わないことが多いです。といっても、結構な人が愛想笑いの時目が笑っていないと思うので、そんなにオカシイ事ではないと感じます。

感情の共有ができない結果「常に冷徹」という見方をされます。

お葬式の例を先にあげましたが、この感情の共有はなぜそんなに悲しんでいるのか理解できないという結構人から見たら、感情が無く見えてしまいます。
アスペルガーの私にはわからないのですが、お葬式で知人レベルで泣くのは「本当に悲しい」のでしょうか。

3.アスペルガーの感情は学習によるもの?

ネットの投稿で「アスペの感情は学習によるもので、本当の感情は無い」とよく見受けられます。

これに関しては「大いに異議」があります。
人の感情の多くは学習結果ではないのでしょうか。

人が死ぬ→もう動くこともしゃべることもできない→もう会話とか一緒に遊べない→悲しむ

と、学習した結果の感情じゃないのでしょうか。人が死ぬ→悲しい、と学習なしで感情が湧かないと考えます。幼少期にペットとか死んだとき、いきなり泣いたりしましたか?「死ぬ」という事を教わってから「死ぬことは悲しい」と学習しているはずです。

誰でも、感情の多くは学習によるものだと感じます。先ほどの「人が転んだ」の例をアスペルガーじゃない人に置き換えるとこんな思考をしていると思います。

人が転んだ

若い人だ

それほどひどい転び方はしていない

怪我はない

大丈夫だろう

大丈夫だろうけど、声をかけると優しい人に見られる(学習結果)

「大丈夫ですか?」と声をかける

という思考をする人がいるでしょうし、多くの人は

人が転んだ

若い人だ

知らない人

関わりたくない

無視する

と思考しているはずですし、

人が転んだ

老人だ

怪我するような転び方出なかったが、「老人」には優しく声をかけるのが普通だ(学習)

「大丈夫ですか?」と声をかける

と学習結果によるものであると思うのです。ですからアスペルガー症候群の方だけでなく、みんな学習結果によるものが大きいはずです。それを「学習結果だ」と言っている人は「もっと学習して(頭を使って)発言しましょう」と思うのです。

4.アスペルガー症候群の人に悪評が付く危険な反応「なんで?」

アスペルガー症候群の人は感情の共有することが苦手で、しかも論理的思考をするので、泣いたり、怒ったりしても状況は変わらないとも思ったりします。また、場の雰囲気を察知することも苦手なので、危険なワードの「なんで?」と言ってしまいがちです。例えば

「なんで、泣いてるの?」
「なに、怒ってるの?」
「何が可笑しいの?」

という発言をしがちです。アスペルガーの人はこの「なんで?」発言を控えましょう。ほぼ100%の確率で、相手の逆鱗に触れてしまいます。

アスペルガーの人からすると「なんで泣いて(笑って、怒って)いるのかよくわからない」という素朴な疑問を口に出しただけですが、普通の方から見たら「そんなのわかるだろ!」という思いになります。

5.アスペルガーは感情よりも理性が働く

上までの文章で、ほぼアスペルガーの特徴を書いていますが、多くのアスペルガーの方は「感情よりも理性が働きます」だから、自分の感情も抑えてしまいますし、相手が感情的になるのを不思議に思ったりもします。

私は、小指を何かの角にぶつけて、相当痛い場合でも声を出しません。それは声を出したところで痛みがなくなることはないと論理的思考が働くためです。

スポンサーリンク